■興部町・HOSTEL出会いの宿

興部・・・”おこっぺ”と読むらしい。パソコンの漢字変換でも出てきたので、正式な地名としてちゃんと登録されているみたいだ。それより無料宿泊施設と言うのがうれしい。

●電車が宿泊施設

興部町・HOSTEL出会いの宿

無料なんだけど、近くの管理事務所に申し込みが必要です。

興部町・HOSTEL出会いの宿

興部町・HOSTEL出会いの宿

興部町・HOSTEL出会いの宿

寝床はこんな感じ。柔道部の畳の様なものが敷いてあり、結構綺麗です。トイレは近くにありますがシャワーなどはありません。

興部町・HOSTEL出会いの宿

興部町・HOSTEL出会いの宿

 

 

●旅人がぞくぞく

16:00ごろ着いたのかな、その頃は誰もいなかったが、時間がたつにつれ旅人がぞくぞく集合!

興部町・HOSTEL出会いの宿

一人で車の旅人も!

興部町・HOSTEL出会いの宿

皆さん寝床の確保(寝袋)を置き始める。そこへ管理人さんが。

「今日は週末なんで、沢山人が着ます。詰めて頂き、沢山の人が寝れるようにしてください。」

「は~い!」 旅人は皆、協調性がある。 

興部町・HOSTEL出会いの宿

さっそくバイク3台グループとバーべQ。

「若そうだけど大学の仲間?」
「違いま~す。キャンプ場で知り合って、つるんで旅してま~す。皆、会社辞めて旅に出てま~す。」

興部町・HOSTEL出会いの宿

北海道の地図は話が盛り上がります。

興部町・HOSTEL出会いの宿

違うグループと花火もした。

興部町・HOSTEL出会いの宿

 

Update 2014/10/01  Visit 2014/07/14

 

 

次の旅程


サロマ湖の海側は通り抜け出来ない

そんなの地図見りゃ解るだろ。でもなぜか行ってみてしまった。

サロマ湖

トリパゴ
    sns_space
    sns_space
    このエントリーをはてなブックマークに追加sns_space

このページの先頭へ